HOME>記事一覧>企業内で活躍したり独立開業して自分の裁量で働くことも出来る

難関国家資格であり取得には勉強が必要

仕事

資格取得には難易度があり、難関資格となるとかなりの勉強量が必要となるので、取得は容易ではないでしょう。公認会計士試験も取得難易度が非常に高い資格の一つであり、司法試験などと並んでかなりの勉強量が必要となります。独学で勉強を進めていくことも無理ではありませんが、資格の専門学校が受検ノウハウを持っているので、利用することで効率的に学習を進めていくことが出来ます。

持っていることで優遇される資格

男女

公認会計士国家資格を持っていないと従事することが出来ない仕事もあるので、資格取得をすることで就職にかなり有利になります。取得難易度が高いので、誰でも取得することができるものではないため、資格を持っていることで会社内でも優遇される場合もあるでしょう。

独立して自分のペースで働ける

公認会計士資格を持っていれば、企業内で働くこともできますが、独立して自分の事務所を立ち上げて仕事をすることも可能です。公認会計士事務所を設立して仕事を自分で受ける様にすれば、自分の裁量で働いて行くことも出来るでしょう。

取得を目指すことで仕事のスキルアップ

公認会計士試験に合格するためには、会計学や財務諸表等の知識を勉強することが必要となりますが、勉強をした内容は実務でも役立てることが出来るで、資格の勉強を通じて仕事のスキルを上げることもできます。会計事務所、監査法人等で働いている人は資格取得を目指して勉強をすることで仕事のスキルアップにもつながります。

広告募集中