HOME>アーカイブ>公認会計士になるために必要な勉強方法とは

公認会計士の業務内容

公認会計士は独占業務である財務諸表監査の他にも内部統制監査、コンサルティング、IFRS関連のサービスなど多岐にわたります。

公認会計士になるために必要な勉強とは

  • 公認会計士になるためには会計学を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには監査論を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには企業法を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには租税法を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには経営学を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには経済学を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには民法を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには統計学を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには財務会計論を勉強しなければなりません。
  • 公認会計士になるためには管理会計論を勉強しなければなりません。

専門学校の利用

指をさす女性

公認会計士の資格を取得するためには、しっかりとした国家試験対策が必要になります。独学で対応をするという人もいますが、出来るだけ専門学校に通って勉強をしたほうがよいでしょう。国家試験対策も細かいところまで行ってくれるので、効率も良いです。仕事をしながらでも通うことが出来る専門学校も増加をしているので、夜間は公認会計士を目指して勉強をするということも可能です。独立をするためにも資格取得を目指してみるのもよいでしょう。

会計事務所を開業する

仕事

会計事務所を持ちたいと考えている場合、税理士だけではなく、公認会計士の資格もあるとよいでしょう。資格を取得するのはかなり大変ですが、それでも収入面でも大きなメリットがあります。また顧客も付きやすいということがあるので、資格取得を目指してみるのもよいでしょう。専門学校に通うことによって、開業に関する情報も収集をすることができるかもしれませんし、運営に関するノウハウも得ることができます。独学だけでは中々取得が難しい資格ということもあるので、専門的な勉強ができる場所があるとよいでしょう。どういうポイントがあるのかという点もチェックすることが出来るのでスムーズに資格取得対策ができるということもあるでしょう。

広告募集中