幼稚園教諭の仕事の内容

幼稚園教諭の主な仕事は幼稚園内で幼児に対して教育を行うことです。対象となるのは、満3歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児です。

大学を卒業して取得できる 幼稚園教諭としての資格とは

no.1

大学院を卒業して得られる幼稚園教諭専修免許状

大学院を卒業することによって幼稚園教諭専修免許状を取得できます。より専門的な知識を学びたい場合は大学院で学ぶのも効果的です。

no.2

大学を卒業して得られる幼稚園教諭一種免許状

大学で幼稚園教諭養成課程を受け、所定の課程を修了を卒業することによって幼稚園教諭一種免許状を取得できます。

no.3

短大を卒業して得られる幼稚園教諭二種免許状

短大の場合は、幼稚園教諭養成課程を受けて卒業することによって幼稚園教諭二種免許状を取得できます。

no.4

専門学校を卒業して得られる幼稚園教諭二種免許状

専門学校でも幼稚園教諭養成課程を受け卒業することによっても幼稚園教諭二種免許状を取得できます。

no.5

保育士として働くための資格

厳密に言うと幼稚園教諭の資格ではありませんが、保育士の資格を取得できる大学もあります。

園児と先生

幼稚園で有利な条件で働く方法とは

幼稚園には園児が沢山居るので、指導する方が必要になります。そんな時に役立つ存在が、幼稚園教諭ですが、実際に教諭になるには、学校等と同じく資格が必要になります。幼稚園教諭普通免許状が、教諭として働く時に必要になります。免許状には専修や1種と2種が存在しますが、専修は大学院で取得を狙えますし、1種は大学で狙えて、2種は短大等の養成課程で取得する事ができます。免許状の種類によって給与に違いがでるので、高い給与を狙う場合は、大学や大学院で1種や専修の免許状を取得する事が求められます。更に幼稚園教諭として実際に働くには、幼稚園の種類によって就職する方法が変わってきます。公立の幼稚園であれば、市区町村の選考試験に合格する事で、採用候補者名簿に登載されるので、面接試験を受ける事がきます。その後に面接に受かれば、公立の幼稚園で働く事が可能です。私立の幼稚園の場合は、採用試験や面接等が用意されているので、幼稚園によって少し違いはあるものの、基本的には試験に合格する事が必要です。

免許状を取得する時に意識すべき事とは

幼稚園教諭として働くには、免許状が必要になりますから、大学等を卒業する必要があります。ただ大学であれば何処でもいい訳ではなく、幼稚園教諭一種免許を取得できる所に進学する必要がありますから、事前にしっかりと免許状を取得できる所を選ぶ事が大切です。文部科学省指定の所を卒業すれば確実なので、その点も意識して学ぶ場所を選ぶと教諭として働く時に、役立ちます。文部科学省が指定している所であれば、幼稚園教諭の養成に必要なカリキュラムを備えている事が、認定されている証拠になりますから、安心して勉学に励み、卒業する事ができれば、幼稚園教諭一種免許を取得する事ができます。ただ大学によっては幼児教育コースや児童教育コース等で、コースが分かれている事があり、幼稚園教諭を目指す時は幼児教育コースを選ぶ必要があったりするケースもあるので、間違わないようにする事が大切です。

広告募集中